teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


子育ての宝箱

 投稿者:りこ  投稿日:2014年 2月21日(金)10時05分6秒
  しばらく間があいてしまいました~

きーももうすぐ中学生になります…!
早いものですね~。

思春期の入り口にさしかかり、
時に憎たらしい~ことも言いますが
昔からの天然ぶりは健在で、日々笑いをもたらしてくれます。

小さい頃のきーのお笑いエピソードを
この日記を読み返しては思い出し、
きーに話してあげると、本人も大爆笑。

ほんとに時間が経てば経つほど、
この日記は子育ての宝箱だったなあ、と実感。

そしてまだまだ宝探しは続いています。
 
 

残りわずか…

 投稿者:りこ  投稿日:2013年 3月19日(火)10時49分33秒
  そうですよ、子育ての黄金期…「今が一番かわいい時よね~」…の時期は、
もうあと残りわずかですよ~(*´Д`)ノ
その後には憎ったらしい反抗期が、もうすぐそこに…(;^_^A

今のかわいさを、悔いがないように120%楽しんで下さいね。

そして、少し大人になってきて、親に言わないことが増えた時こそ、
子どもの小さな変化をしっかりキャッチしてあげて下さい…。

…って、ウチも偉そうなことは言えませんが(-_-;)

いろんな子がいますから、ホントいろんなことが起きます。
私などは、つい一緒にジェットコースターに乗っているように
いちいちワー!!とかキャー!!とかうろたえてしまう頼りない母なのです。

…それでも、できる限り、
同じ車両の ほんのちょっと後ろの方に、いつもそっと座っていて、
合間合間には「大丈夫。大丈夫だよ…」と声をかけてあげたいです。

頼りない励ましでも、そうして寄り添ってきた事実が、
子どもの心の中に残って、一生子どもを励まし続けると信じています。

在宅の仕事…月の半分ほどしか仕事がなく、たいした稼ぎではありませんが(;^_^A
パソコンを使ってできる仕事がタイミングよく見つかりました。

振り返ってみると、十数年前、訳の分からないパソコン片手に
このホームページを立ち上げたくて いろいろやっていたことが
結果的にパソコンに馴染むことになり、仕事につながったんだなあ…と思います。

人生、何がどうつながるか、わからないですね。
好きなことを、これからも一生けんめいやっていきたいです。(^_^)

…また長くなっちゃったワー…m(__)m
 

そうですよね(>_<)

 投稿者:らいむ  投稿日:2013年 3月14日(木)16時03分30秒
  子どもが成長して楽になり嬉しくなる反面、今までとは違う問題も出てきますね(T_T)
ゆぅはまだ2年生だし男の子だから単純というか、まだまだ何でも話してくれて安心してますが、もう少ししたらお母さんから離れちゃいますよね(^-^;

なんとなく女の子のドロドロ(笑)の世界の方が私は心配です。。
くぅは自分の意見をなかなか言えないし心配ですねぇ(>_<)
自分も経験してきただけに女の世界は嫌です。


ゆぃが幼稚園を卒園してすぐくぅが入園だったので、楽になったぁと実感できるのは1ヶ月先かな(笑)!
私も働こうと思っています!!

在宅のお仕事ってなかなかないですよね?
りこさんは凄いなぁ!!
ほんと尊敬しちゃいます♪
 

楽~、だけど…。

 投稿者:りこ  投稿日:2013年 3月11日(月)12時11分8秒
編集済
  すでに、ゆぅちゃんで経験済みだと思いますが、幼稚園児が小学生になると、
送り迎えがいらないし、帰ってくる時間も遅いし、本当に楽になりますよね~
あとは、PTAの委員さんとか係をさっさと済ませて、もっと楽になれば言うことナシですね~(^_^)v

子どもが中学年~高学年くらいで、落ち着いてきたのでそろそろ仕事…というパターン、ありますよね。
私も、2年前から 在宅で仕事をしています。

ただ、気をつけた方がいいかなと思うのは、低学年の時は 学童などもあるので、
小さいなりに心配でも、きちんとした時間の過ごし方ができるのですが、
高学年になると、自分たちでの行動範囲が広がってくる分、
目を離すと どこで何をしているか、知らぬは親ばかりなり…ということも。

最近、子ども同士で、繁華街のゲーセンにプリクラ撮りに行ったり、
マックや親不在の家で たむろしたり…というのが 耳に入ってくるようになりました。

実際に、きーと同学年で、同級生につきまとって 親の財布からお金を盗らせて
何万円分もおごらせて問題になっているお子さんがいます。
彼女のお母さんは、幼稚園の頃は、手作りのお菓子など、子育てに手をかけているようでしたが、
小学校入学を機にマイホームを購入して、仕事を始めたそうでした。

これから思春期、中学生ともなると、さらに問題は複雑化していきそうです。
(我が家もいつどうなるか…、けっして他人事とは限りません~)

仕事を始めても、子どもの小さな変化、たとえば持ち物や、言葉使い、遊び方、表情…、
しっかりアンテナを張って、早い対処が鉄則かなと思います。

きーのまわりを見ていると、
中学受験の勉強が本格化する今の時期に、子どもたちが二極化しているような気がしてなりません。
自分の将来を見据えて勉強や習い事を頑張っている子と、お気楽な中で刺激的な背伸びをしようとする子。
その中間だといいのですが、後者に流される誘惑がたくさん出てくる時期のように思います。

この時期の子を持つ、母親の実感でした…。
違っていたら、ごめんなさい。
 

こんにちは(*^^*)

 投稿者:らいむ  投稿日:2013年 3月 7日(木)16時51分34秒
  きーちゃん、ガールスカウトをしてるんですか!
頼もしいですね(^o^)
私も小さい頃ガールスカウトしたかったんですよ(^^)
ただ単に色んな所にお友達と行きたいなぁと思ってただけですが(^-^;

ほんと他のお宅のお子さんの成長は早いですよね!
私もきーちゃんが6年生になるって知ってびっくりしました(^o^)
来年は中学生ですね!

うちも二人とも小学生になったら楽になるかしらと少しわくわくしてますがどうでしょうね(笑)?
働かなきゃ!と焦ってます(>_<)

また来ますね♪
 

なつかしい!

 投稿者:りこ  投稿日:2013年 3月 6日(水)14時57分32秒
  らいむさん、お久しぶりです~!!
もちろん、覚えていますとも!

お子ちゃまたち、もうそんなになるんですね。びっくり。
よそのお子ちゃまの成長はほんとに早いです。

成長とともに、子育ての悩みもどんどん複雑になりますが、
らいむさんはきっと明るく子育てされていそうですね(^^)

きーの炊事は、彼女はガールスカウトをやっているので、
野外料理などをする時に、そこで習ったものです…
私の育て方でなく、ガールスカウトのリーダーのおかげなのです…(^^ゞ

この2月から塾に入れて、勉強も丸投げです…(-_-)

またぜひぜひ寄っていって下さいね(^^)
 

お久しぶりでーす(*^^*)

 投稿者:らいむ  投稿日:2013年 2月26日(火)17時32分59秒
  りこさんお久しぶりです!らいむですが覚えてますか?(^o^)

久し振りに自分のブログを読み(もう更新していませんが)、りこさんのとこに飛んでみました(^-^;

掲示板を読んで、前のですがりこさんが寝込んだ時にきぃちゃんが夕飯の準備をしてくれたっていうのを読んで関心しました!!
今5年生ですか?
凄くしっかりされてるんですね(*^^*)
りこさんの育て方がいいからしっかりしたいい子に育ってるんだと思います(^o^)

うちは、ゆぅが4月から3年生・くぅが1年生になります(^^)
成長って早いですね(^o^)
私は頭が悪いから(笑)宿題がいつ教えられなくなるか不安です(^-^;

また遊びに来ますね!
もう少し頻繁に来たいと思います♪
 

お幸せに(^^)

 投稿者:りこ  投稿日:2013年 2月14日(木)14時24分21秒
  そういえば…

思い起こせば私も、筋腫の手術後に
子宮の傷がしっかりとくっつくまでの半年間、
妊娠禁止期間を言い渡されたのでした。

もうすでにマル高に突入して 時間が経っていたので、
残された排卵日の回数を 指折り数えて焦ったおぼえがあります。
こんなことなら、もっと早く手術しておけばよかった!…と。

なので、るんさんの今のお気持ち、少しわかります。

…女友達と楽しんでいた当時、
その頃読んだ、ある女優さんの言葉で、

「自分のように、独身で自由に使える時間のある者は、
 つまらない道とおもしろい道があったら、
 おもしろい道を行くのが使命だと思う。
 家庭のある人はそれが叶わないのだから」
…というようなものがありました。

当時の自分は、妙にそれに納得して、
「よし!私も!」と、使命のように行動していました。(^_^;)
本来は引っ込み思案な性分なのに、今思い出しても不思議です。

運動オンチでろくに泳げもしない私が、
「サイパンにダイビングのライセンス取りに行かない?」と言われて
「いくいく!」と即答して、取ってきちゃったこともありました。
自分の人生を振り返って、本当に楽しい時代でした。

筋腫の症状がなくなれば、行動もその分、楽になります。
誰よりも、るんさんご自身が楽しんでくださいね。
お幸せをお祈りしています。(^^)
 

ありがとうございます^^

 投稿者:るん  投稿日:2013年 2月 7日(木)19時51分24秒
  りこさん、お返事どうもありがとうございます。

不快でたまらなかった筋腫も無事とれて、ホッとしました。
それと同時に、結婚相手を早く見つけなくては~!と気持だけ焦っている感じです(笑)
りこさんのアドバイス、とても嬉しく読ませていただきました。
自分が楽しむこと、大切ですよね・・・。
振り返ってみると、周りばかり気にして、心から楽しんでいなかったような気がします・・・。

実は、手術が終わった翌日に、主治医から
「繊筋症もある。子供がほしいなら早い方がいい。」と言われました。

そこで、初めて目が覚めました。

今まで何やってたんだろうと。
男性が苦手といって自分から行動していなかった!
もう自分には時間がない、傷つくことを恐れている場合ではない!と。

このままでは、後悔だけの人生になってしまうと入院中ずっと考えていました。
どうしても子供がほしいのなら、男性が苦手なんていってられないですよね。
今年はたくさん男性と出会うべく、行動していこうと思います。
もちろん女友達とも遊んで、「自分が楽しむこと」をしようと思います!!

子宮筋腫の手術は、人生を考え直すいいきっかけになりました。
もしこの病気をしていなかったら、何も気がつかないままだったかもしれません・・・。

病気以外の私事を、つらつら書いてしまいゴメンナサイ(汗
色々ありがとうございました。
 

一安心ですね。

 投稿者:りこ  投稿日:2013年 2月 5日(火)11時39分50秒
  るんさん、手術無事終了、おめでとうございます。

手術を受けるまでは、本当にいろいろな心配があったことと思います。
でも、でもでもでも、もうスッキリです!(^_^)v
症状が改善して、快適な日々になりますことを期待しています。

肝心なお相手…

余談ですが、私は結婚適齢期の年齢(…っていつ?)を少し過ぎたと思われる頃、
当時、結婚したいと思っていた人にフラれて、大ショックを受けていました。

年齢が年齢だっただけに、相当なダメージでしたが、
そこに女友達からのアドバイスが。
(じつは、彼女も婚約までいった相手と別れ、別の人と結婚していた…)

「彼がいない時期は、女友達との時間をめいっぱい楽しむといいよ!
 そうして生き生きと楽しんでるりこちゃんを、
 いいなあ、と思う男性が きっと出てくるから!」

そうかあ…、と、素直に女友達と海外旅行へ行ったり、
新しい趣味に首をつっこんだり、
迷った時には、「おもしろそう」な方を選択して、
活動的な日々を送っていました。

そうして、その趣味がきっかけで、
今のダンナと出会って結婚してしまいました。
彼女の言うとおりになったのですよ。

るんさんも、よろしかったら ご参考までに…。
あっ、もちろん、体調がしっかり戻ってからですよ!
 

こんにちは。

 投稿者:るん  投稿日:2013年 1月27日(日)20時27分2秒
  この度、子宮筋腫の手術が無事終わりました!
先日退院しまして、今は自宅療養しております。
りこさんには手術前の不安を取り除いて頂き、感謝しております。
ブログも大変参考になりました。
本当にありがとうございました。
今でも精神的な支えとなっています。
私も子供が産めるように、これから頑張ります!
(肝心なお相手がまだ見つかっていないので汗)

 

ゆりママさん、はじめまして

 投稿者:りこ  投稿日:2012年12月21日(金)12時27分31秒
  書き込み、ありがとうございます。
お子さん、大変だったんですね。お気持ち、よくわかります。

ゆりママさんのお話を聞いて、
私も11年前の出産後のことを思い出しました。

まわりのママたちが幸せいっぱいの中、
ひとりで健気に搾乳にはげんでいた自分を、
今思い返しても「がんばったね」とホメてあげたいです…(^^ゞ

ゆりママさんも、きっとたくさん頑張られたのでしょうね。
お子さんお元気に育って、本当によかったですね。

子どもも、元気で生活していれば、
諸々の悩みが出てくるのは当然だと思いますよ。

私もあの時の思いはどこへやら、しばしば鬼母(?)になって
怒りまくっています。
子供の方も、いつまでも天使のようにミルクを飲んで
かわいく寝ているだけではなくなってきますので…(>_<)

これからは、お子さんとの知恵比べを 楽しみながら頑張って下さいね。

このHPが少しでもお役に立てたことをうれしく思います。
こちらこそ、ありがとうございました。(*^_^*)
 

るんさん、お久しぶりです…!

 投稿者:りこ  投稿日:2012年12月21日(金)12時15分25秒
  いい病院に出会えたとのことで、よかったですね。(*^_^*)

2009年のお話を読み直しましたら、当時で8cmの筋腫、とありますから
長く大変な思いをなさっていたことと察します。

手術のことは、あまり深く考えても いい気分にはなりませんので、(^_^;)
なるべく考えないのが一番だと思います。

私の経験からいきますと、
術前は、看護師さんや介添えの方に言われるがままに、ドタバタと過ぎていき、
いざ全身麻酔をしたと思うと、すぐ(と思った)目が覚めて、
「もう終わりましたよ~」と笑顔の先生…。エッ!ほんと!????

タイムスリップしたかと思うほど、自分の意識の中ではすぐに終わってます。
5分位ウトウトしたかな、って感じです。

先日、卵巣腫瘍の手術をした うちの姑も、
術後 麻酔から覚めて、「これから手術かね」と聞いたらしいです。
「〇〇さん、また手術するつもりですか」と笑われたそうです(^^ゞ

私の時よりも、きっと今はもっと 痛みの管理の技術も進んでいるでしょうから、
あまり心配しなくても大丈夫だと思いますよ。

なるようにしかならん…と、気楽にいきましょう。
術後は今までの症状から解放されて、ほんとうに楽になると思います。


・・こちらのHPを思い出してくださって、うれしいです。
風邪などひかれませんよう、手術までお大事に過ごしてくださいね。(^^)
 

1年前

 投稿者:ゆりママ  投稿日:2012年12月12日(水)15時47分57秒
  初めまして。ゆりママと申します。
今からぼ1年前の1月に女の子を出産しました。
丸二日の微弱陣痛で促進剤を打って、やっと赤ちゃんに会えました。しかし、「呼吸がしんどそうやから一応NICUに連れて行きます」と言われ、朦朧とする意識の中で、なんで?とおもいながら眠りました。
その後はほぼきーちゃんと同じで、肺から何らかの原因で炎症、出血がみられるとのことで呼吸障害といわれて、保育器の中で呼吸器を挿管されて泣き声も聞けず、抱っこもおっぱいもあげられず。
初乳を搾ってきてね、と言われて、みんなが新生児におっぱいをあげている授乳室で一人搾乳。ここで泣いたらアカン!と思いながらも涙が止まらなかったです。
一人病院のベッドでiPhoneでいろいろ調べる中でこのサイトに出会いました。
不安で押し潰される日々の中でどんなに励まされたか分かりません。まさにきーちゃんとほぼ同じペースでGCUに移り、退院できました。
今は11ヶ月になりました。一応フォロー検診に3ヶ月に1度行きますが、順調に健康に育ってくれています。保育器の中でチューブに繋がれる子供を見て「これから何があってもこの子のワガママは全部聞いてあげよう」と誓ったのに、今はちょっと夜泣きするだけでイライラしたりf^_^;)不出来な母です。
かなり前フリが長くなりましたが、一言お礼をお伝えしたくて、投稿させていただきました。当時、本当に心の支えでした。ありがとうございます(^ ^)
 

2009年に書き込みしました。

 投稿者:るん  投稿日:2012年12月11日(火)21時09分38秒
  2009年に子宮筋腫のことで書き込みしました「るん」と申します。
その節はご丁寧なご返信をありがとうございました。

経過観察と言われていた子宮筋腫ですが、ようやく相性のいい病院と巡り合え、
来年早々手術することに決まりました。
大きい筋腫ですので、開腹横切りです。
初めての入院・手術で今からめちゃめちゃ怖いです><
(背中にする麻酔とか、筋肉注射とか・・・)

子宮筋腫が発覚して、いつかは手術しなくてはならないとわかったとき、
りこさんのブログをずっと読ませていただいていました。
そして手術が決まって、また久々にお邪魔させていただきました。
娘さんも素敵なお嬢さんに成長されて・・・。
何だか感慨深いです。

 

つらいですね。

 投稿者:りこ  投稿日:2012年11月23日(金)22時28分41秒
  はなさん、はじめまして。
書き込みが遅くなり、ごめんなさい。

赤ちゃん…、そうですか。
自分の経験からいっても、お母さん、相当つらいと思います。
よくわかります。

理屈では、「子どもが頑張ってるのに、親が泣いてる場合じゃない」と
頑張って自覚しているのですが、
夕方とか夜などになると、気が滅入ってしまって、
理屈などとても太刀打ち出来ないのですよね。
しんどいですよね…。

でも、赤ちゃん、日々元気になられているようで、よかったですね\(^ω^)/?
きっと、もう大丈夫ですよ!
お母さんの母乳から、どんどん元気をもらっているのだと思います。
もう、あとほんの少しの辛抱ですよ!

今のうちに、ゆっくり養生して、コンディションを整えておきましょう。
かわいい赤ちゃんが戻ってきた時に、しっかり付き合ってあげられるように、ね。

おっと、ずいぶんもう日にちが経っているので、
もしかしたら今頃は赤ちゃんを抱っこしているかもしれませんね。(^^)
 

不安が少し軽くなりました。

 投稿者:はな  投稿日:2012年11月 6日(火)23時19分56秒
  始めまして。
今週頭に自然分娩で出産しました。
赤ちゃんと一緒になってわんわん泣いてたら、赤ちゃんだけ連れて行かれ。。
きーちゃんとまったく同じ状態になってしまったようで、そのまま他の病院まで連れられていきました。

抱っこもできず、面会時間も終わったその日の夜は1人ぼっちで、周りからは赤ちゃんの声が聞こえる。
何がなんだかわからないし、体は上手に動かないしで、涙が止まらないままどんな病気なのか調べてみようと検索していると、
きーちゃんの記事までたどり着きました。

状態も、おかーさんの気持ちも今の私と同じ過ぎて元気になっていくきーちゃんにとても勇気をもらっています。

今はずいぶん大きくなられたんでしょうね。

私の方は翌日から少しだけならと外出許可がでたので、毎日母乳をヨタヨタしながら運んでいます。
赤ちゃんはまだ鼻に酸素マスクをしたままでミルクも管からですが、日々顔色が良くなって元気ですよの看護師さんの言葉に安心し、

元気に退院したきーちゃんを想像しながら、離れ離れの入院生活です。
もすぐ私は退院。

早く抱っこしたい
おっぱい飲ませてあげたい
近くで顔が見たい

夜はやっぱり気が滅入ってさみしさで泣いてしまっていますが、きーちゃんの様子と見比べながら、もう少し、もう少しと本当に元気をもらっています。

素敵な記録を残してくださってありがとうございました!

長文ごめんなさいっ!
 

ですよね…

 投稿者:りこ  投稿日:2012年10月 7日(日)16時22分26秒
  ぺこさん はじめまして、ようこそです。(^_^)

ご出産、おめでとうございます。
ほやほやの赤ちゃんですね!うらやましい~。

まっただ中にいる頃は、とても余裕がありませんでしたが、
今思うと、ほんとにほんとにかわいかったです。

すでに生意気モードに突入しているきーを見ていてい思うのは、
「ろくにしゃべれない頃が一番かわいかった…。」
ほんとに、一日に何度、カチーン!とくる言葉を発することか。

本当に親というものは勝手なもので、
しゃべれないうちは「早くしゃべらせたい…!」
言葉が遅いとなると、「なんとかしゃべらせなくては…!!」
そして、だんだんと憎たらしいことを言うようになると
「しゃべれない頃がよかった」とコレですから…(^_^;)

…で、青筋のことなんですが…、
妊娠中って やっぱり筋が出てきますよね~。
どういう理由なのかわかりませんが…。

結論からいうと、元には戻っていません。
そのまんまです。

「完母」というのは、完全母乳…ということでしょうか。
私はほとんど母乳をあげていないので、関係ないと思います。

体調によってか、目立つ日と そうでない日もある気がします。

お役に立てず、すみません…。(>_<)
 

産後の体について

 投稿者:ぺこ  投稿日:2012年10月 5日(金)11時20分55秒
  はじめまして。
8月下旬に出産したぺこと申します。

りこさんの日記、楽しく読ませていただきました!

私も新米ママとして、日々戸惑いと喜びを感じながら育児をしています。

新生児の成長には目を見張るものがあり、
「首を左右に動かせるようになった!」
「泣き方に変化が出てきた!」
「泣いたときに涙が出てくるようになった!」
などと、日々の変化を楽しみに過ごしています。

最近の嬉しい変化と言えば…なんといっても、微笑むようになったこと!

一日中泣く日があっても、この笑顔を見てしまったらすべてふっとんでしまいます。
こちらの語りかけに微笑んでくれたときのトキメキといったら!

こういう感情も、何かに残さないと少しづつ薄れていってしまうような気がして…
私もりこさんの日記みたいに「何か形に残したいな~」と思いつつも、マメでない性格のせいで記録といってもたまに写真を撮る程度であっという間に一ヶ月半が経ってしまいました…。

さて、題名の件について質問させていただきたいのですが…。

りこさんの妊娠中の日記に「恐怖の青筋女」というのがありますが、出産後もとに戻りましたか?

変な質問ですみません…。

実は、私もりこさんと全く同じ現象がおきました。

妊娠後期くらいに「なんだか手の血管出ちゃったな~」と思ったんですが、「妊娠中は血液量も増えるというし、その影響かなぁ…出産したらもとに戻るかも」と様子を見ていました。

しかし、出産後、さらに浮き出た血管にびっくり!

これってもう戻らないんでしょうか…。

ちなみに完母で育ててますが、これが影響してるのかな~とか憶測してみるんですが、調べようにも同じ症状を持った人が少なく調べようがありません。

胸の血管が出たという人は多いのですが。(これは断乳後戻るようですが)

出産後の体のつらさや変化は色々ありましたが、手の血管は目につく部分だけに、ひどく裂けてしまった下の傷と同じくらいショックです(笑)





 

あんころさんへ

 投稿者:りこ  投稿日:2012年 5月 1日(火)04時32分28秒
  はじめまして(*^_^*)
楽しんで読んでいただけて 私もうれしいです~。

今にして思い返すと、6か月というのは ほんとに ほんとに かわいかった!!
できることなら タイムスリップしてもういっぺんあの時のきーに会いたいくらい…。

大変なこともたくさんあったはずなのに、そっちはみーんな忘れてしまって、
楽しかったことや かわいかったことだけが心のお土産になって 残っています。

なので、あんころさんも今のうちに お子さんとの楽しい思い出をいっぱい作ってくださいね。

不思議なことに、どこか特別なところへ出かけたことよりも、
きーと二人きりの、何気ない日常のふとした出来事が
今も心の中で キラキラと光り続けているのです…
 

レンタル掲示板
/8