teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


御一緒出来て有難うございました

 投稿者:最上  投稿日:2012年11月18日(日)14時15分23秒
返信・引用
  誠さん急な誘いにも関わらず、ご同行有難うございました。
粟ヶ岳山麓散策コースと安易に考えていましたが、誠さんから説明聞いてコース選ぶことができて良かったです。天候も回復し晩秋の紅葉とても綺麗でした。良いコースですね!
猿ヶ岳では、誠さんが作られた猿毛小屋拝見でき感激、とても快適な立派な小屋よく作られてまた。
小屋の前からの白い粟ヶ岳の眺めも素晴らしいですね。槇ストーブで温まりながら昼飯とりましたが、日のみじかな秋を忘れる程、会話が弾み楽しい1日でした。有難うございました。
 
 

よろしく!

 投稿者:まこと  投稿日:2012年 9月28日(金)19時46分23秒
返信・引用
  ひらっぺさん、こんばんは。

ひらっぺさんの果敢な山登りの記録拝見させて頂きました。
凄い!の一言あるのみです。

ひらっぺさんの会のみなさんも凄い人達揃いですね!

五十嵐 力 展を見て先人の人達の逞しさをあらためて敬服しました。

私の拙いHPも紹介頂きありがとうございます。
私は尾根歩き専門ですが、何処かの山でお会いする事を期待しています。
 

飯豊保全お疲れ様でした♪

 投稿者:ひらっぺ  投稿日:2012年 9月25日(火)23時31分46秒
返信・引用
  まことさん、かよちゃん、お会い出来て嬉しかったです♪
楽しい2日間をどうもありがとうございました
これからどうぞよろしくお願いします(∩´∀`@)⊃

わたしも倉手山の後に五十嵐力展行ってきました
よかったですよねえ☆

http://blogs.yahoo.co.jp/yasu_sanngaku

 

日々の努力

 投稿者:まこと  投稿日:2012年 9月12日(水)12時09分34秒
返信・引用
  9月8日~9日と飯豊本山経由で大日岳まで登り御西小屋に泊まる。
登りも下りも後半になると調整して歩いている積りだが、やはり疲労が溜まった。
帰って来て筋肉痛が無かった事は幸い。

今日も薪を担いで早朝猿毛岳登山をして来たが、お盆過ぎからの早朝登山が今回の
飯豊登山の土台になり、高い山を目指すには日々の努力の積み重ねが必要と思った。

早朝登山も薪を担ぐと汗びっそりとなったが、9月の半ばとなると気温も低くなり
汗も少なくなった。
 

残暑厳しいですね!

 投稿者:まこと  投稿日:2012年 8月20日(月)21時58分15秒
返信・引用
  お盆の15日から猿毛岳早朝登山を始める。
トレーニングも兼ねた登山なので、冬用で栗の木を切った薪を登山口に置いてあるので、その薪をザックに積めて登る。

最初は、登山道整備で切った杉の切れ端をザックに積めて登ったが、3日目から栗の木とした。
栗の木は生木のせいか或いは栗の木は重いのかも知れないが僅かでも重い。
2日は、15kg前後か?今日は10kg位とした。

朝から汗だくで僅かな時間だけれども力仕事となり、暑さの中少々食欲も減退!
体重は久しく70kg前後となった。

夕食は咽通りも良く、沢山胃袋に入り易いカレーライスだったので、明日は元気になるかな・・・?

それにしても、14日以来雨が降らず畑の土もカラカラ・・・
人間もカラカラになりそうなので日中は冷たいお茶を補給し、
夜はアルコールを補給し残暑を凌いでいる。
 

良かったです!

 投稿者:まこと  投稿日:2012年 8月12日(日)14時14分3秒
返信・引用
  中野さん、槍ヶ岳慰霊登山ご苦労様でした。

義兄も奥さんも中野さんと共に槍ヶ岳に慰霊の登山が出来て安堵されていると思います。
私共も山仲間と笠原さんとご一緒だった山に行くと何時も笠原さんと一緒に登った思い出話をしています。

直接一緒に登れなくなったのは何時も残念に思っていますが、笠原さんと一緒に登った山に行くとその山の思い出は何時も新鮮です。
そんな時笠原さんは何時も私達と離れず笑顔で話しかけたり、見守っていてくれると思いながら歩いています。

今回の槍ヶ岳慰霊登山で笠原さんは頭を掻きながら「すまん!」と照れながら頭を下げられたのではと思います。

中野さんが同行され、義兄&奥さんが槍ヶ岳の慰霊の登山が出来た事に私も心から嬉しいです。
奥さんにも宜しくお伝えください。
 

慰霊登山 槍ヶ岳

 投稿者:与板HC 中野  投稿日:2012年 8月 9日(木)22時56分37秒
返信・引用
  3~5日 笠原氏の一周忌に笠原氏の義兄&奥さんと共に槍ヶ岳に行ってきました。昨年と同じコースを登り、4日に山頂に上り笠原氏が転落したと思われる場所にお酒を撒き 線香に蝋燭を灯し皆で手を合わせご冥福祈ってアルプスの山並みを眺めながらお供えした缶ビールを頂き帰って来ました。
 

今年も登れたピンネシリ岳

 投稿者:まこと  投稿日:2012年 8月 9日(木)08時10分31秒
返信・引用
  孫達との夏休みのひとつの行事「登山」。

今年も出来れば旭岳と思っていたが、昨、8月8日に4回目のピンネシリ岳に登れた。

704mのピンネシリ岳、そして4合目付近から登山道が細くなりごろごろ石の個所もあるの
でかよこは無理と思っていたが、孫達の協力を貰い頂上に立つ事が出来た。

爽やかな風に吹かれての頂上に立ち、無理と思っていた孫達との登山が今年も実現出来た。
そして、生命を与えられた故に出来た喜びをみんなで味わう。

一晩を過ぎ、朝を迎えてあらためて感謝の気持ちで一杯である。
今日は珍しく枝幸の街は青空がいっぱいの朝を迎えた。

残された滞在は今日と明日となったが、帰り仕度を含めて残された二日間を有意義に
過ごしたいと思っている。
 

寒い日が続く道北

 投稿者:まこと  投稿日:2012年 8月 3日(金)17時27分44秒
返信・引用
  久し振りに稚内はお日様マークが出たので何時も(毎年)のようにオホーツク沿岸を走り、
宗谷岬を訪ねて雄大な宗谷丘陵の見学に出掛けた。

洋装された程の良い天気ではなかったが、まずまずの天気に恵まれオホーツクの青い海を
眺め雄大な宗谷丘陵を今年も楽しむ事が出来た。

帰りに猿払の道の駅の食堂でお昼を食べ、猿払温泉に入った。

温泉は一昨年に出なくなり沸かし湯になったそうで残念であるが入浴をして帰路に着いた。
また、北海道寒しと言えども夏にこんな低温になった事は今迄に無いと猿払の管理人の話で、
やはり今年の北海道の夏は異常のようである。
 

二酸化酸素温泉

 投稿者:まこと  投稿日:2012年 7月28日(土)08時55分49秒
返信・引用
  枝幸町歌登に血流を良くする温泉があると聞かされた。

全国には数少ない温泉のようだが、ひなびた温泉宿の人はその効能の良さを認識していないようだ。
湯温は37度以下が効能があるそうだが、湯温を上げると二酸化酸素が飛んで効能が無くなるとの事。

千葉から目の治療に3か月も訪れている人は、特別交渉し開業前に来られ温水を下げて入浴しているとの事。

私等も孫達と四人でご一緒させて貰った。
私は10分もお湯に浸かれないのだが、1時間以上も浸れたので、かよこの目の改善に奇跡的効果を期待したい。
 

ジャガイモ堀

 投稿者:まこと  投稿日:2012年 7月18日(水)13時45分43秒
返信・引用
  先週雨マークだった今日18日、曇り空だったので早朝4畦に植えられたジャガイモ堀をする。
出来栄えは今迄より良いそうで畑を耕し肥料を入れて出来栄えは良で収穫出来た事は嬉しい事だ。

先週間違えて畑に入れた万田酵素の弊害は今の所見られない。
弱っていたトマトの葉が元気を出して色つやが良くなったので万田酵素の効果があった事が目に見えて伺えた。

枝豆の収穫もほぼ終わり、トマトキュウリはまだ大丈夫!
次はトウモロコシでありサツマイモが次に続くか・・・
 

1000倍液を勘違い・・・?

 投稿者:まこと  投稿日:2012年 7月14日(土)21時10分39秒
返信・引用
  なすと菊の成長が芳しくないので、万田酵素を注いだ。
1000倍液を作るつもりで10ccを1Lの水に薄めた。
10ccだと100倍液となる事に気が付いたが既に後の事。
100ccを殆ど使って畑に水溶液を注いだが、結果は吉と出るか凶と出るか?
芽を出し始めた作物が心配だが後は吉と出ることを期待している。
 

3連休

 投稿者:まこと  投稿日:2012年 7月13日(金)07時24分32秒
返信・引用
  梅雨前線が新潟にも掛り雨の日も多くなった。
3連休も天気は芳しくない。
雨の欲しかった畑は作物も雑草も元気を出し雑草との戦いが一段と忙しくなる。
 

雨とD氏の話に・・・

 投稿者:まこと  投稿日:2012年 7月 6日(金)11時59分40秒
返信・引用
  昨日5日は久し振りに雨らしい雨が降った。

五泉のD氏を訪ねるのに3時半に家を出て七谷経由で五泉に向かうと山沿いを走るせいか車を叩きつけるような雨となり、
安全を期してライトを照らし、速度を落として走る。
ようやく畑の土の中に雨が浸透する降り方で今年から畑の作物を心配するようになったので一安心する。

D氏宅に着き、久し振りなので山の話からあれこれと会話が進んだ。
彼の奥さんの妹が亡くなった話を聞く・・・波乱万丈の人生を頑張り病で一生を終えたとの事。
信じられない程の苦労の連続だったと思うと心の中で合掌し、ご冥福を祈った。
 

粟ヶ岳

 投稿者:まこと  投稿日:2012年 6月13日(水)21時31分43秒
返信・引用
  単独で粟ヶ岳に登る。
ヒメサユリの開花時期で晴天なのでもう少し沢山の人が登っていると思ったら加茂側から7名、三条側から頂上で2名に出会った。
今年は大雪に見舞われたが、開花時期は何時もと変わらなかった。
自然のサイクルはしっかりしている。

明日は、石転び沢を登り飯豊連峰のイチゲを見に出かけるが、こちらの開花も旬で会ってくれたらいいが・・・
 

畑打ち

 投稿者:まこと  投稿日:2012年 6月13日(水)07時34分34秒
返信・引用
  朝起きて植え付けた野菜の生長を見に出かける事が多くなった。
10日の日曜日には追い肥えをして4うねあるジャガイモの2回目の土寄せをする。
ようやく肥料に根が届いたのか成長の姿が見えてきた。
2回目のとうきびの芽も大きくなり畑に移す。
きゅうりも収穫を始め、三度豆は間もなく終了か?

11日は、庭の植木整理をする。
植木も生長し、移設や整理も必要となった。
山と違った体を動かすので疲れも違う。
 

ギター演奏会

 投稿者:まこと  投稿日:2012年 6月12日(火)07時12分20秒
返信・引用
  6月9日(土)夕方、田上町椿寿荘で開かれたギターの演奏会を聴きに行って来た。
今年で3回目だが、私は昨年に続いて2回目。
ポピュラーな映画音楽の何曲か演奏され、一年ぶりに素敵なギターの音色に浸った。
20代の頃は朝から晩まで好きなギターを弾いていた事もあったが、今弾けるのは音階が精一杯で、ギターを手にする時間もない。
体が動かなくなっても手の指が動いて簡単なメロディーを弾けたらいいなぁ~、
と思っているのだが・・・・
 

猿毛小屋1年

 投稿者:まこと  投稿日:2012年 6月 8日(金)20時14分8秒
返信・引用
  猿毛小屋を造って一年なた。
ひとつの区切りで小規模でイベント登山をする。
総勢16名、有り難い事にかよこが猿毛岳に登る時是非一緒にとの人も参加頂いた。
夏日の気温となたが杉林、雑木林と木陰に遮られて登る事が出来た。

ツボヤさんの「猿毛岳の山野草」の説明を聞きながらでゆっくり登りが出来たようだが、
やはり家に帰ったら疲れで横になった。
しかし猿毛小屋1年のイベントに合わせて仲間のみなさんと猿毛岳に登られた事は本当に良かった。
 

春山講習会に参加して

 投稿者:まこと  投稿日:2012年 5月28日(月)22時36分6秒
返信・引用
  5月26日&27日初めて春山訓練に参加しました。
訓練を甘く見て参加した自分!高齢の私にはキツイ訓練でしたが、考えてみれば必要最低限の基礎訓練です。

参加したからには真剣に老骨に鞭打って頑張り勉強になりましたが、翌日は動かした事のない筋肉となりました。

雪山の景観は素晴らしいですが、間違えば命に係わります。
出来たら近くに講習会があったら是非参加して欲しいと思いました。

でも、全国でも数ある山岳会でもこのような講習会をする会は少ないのではと思います。
その積りで出掛けた講習会でしたが、少しでも遭難防止のために自分自身と後輩の為にアドバイスをして役立てればと思った講習会でした。
 

頼母木山の出来事

 投稿者:まこと  投稿日:2012年 5月20日(日)08時11分18秒
返信・引用
  5月17日、頼母木山に登ったが・・・
現在の私の脚力から前日の木六山登山はやはり堪えた。

比較的順調に登れたが、三匹穴直前に足が攣り始めたが何とかみんなと歩調を合わせる事が出来た。
軽い筋肉痛が二日程続いたが、反面この程度だったのでこれからの山行きも自身の体力・脚力の現状を知る事が出来た。

頼母木山山頂で突然雨とガスでフォワイトアウトになり天気が急変したが、私の山経験から天候の急変は稀であり、
脳裏によぎったのは、やはり「遭難は絶対避ける!」であった。

数年前のトムラウシの遭難の状況は本でしっかり頭の中に残っていたし教訓としていた。

風雨の中、寒さと疲労と低体温症でパーティーはバラバラとなっての遭難!
つい先日の白馬岳の遭難も寒さの中フォワイトアウトで低体温症に掛り遭難!

それ程の寒さと風雨はないが、危ない環境から焦らずより安全を期して全員行動を一つにして脱出するかであると思った。

頼母木山避難小屋に避難する方法もあるが、登ったトレースをしっかり辿り三匹穴迄高度を下げれば最悪避難ヶ所もあるし、夏道ルートも判明し同時にフォワイトアウト状態もなくなると判断して行動する。

結果してトレースをしっかり辿り下山すると、三匹穴付近でホワイトアウト状態は解消して夏道に出る事が出来た。
下山時には雨も上がり、青空も一部出て頂上付近の危機的状況から解放されて幻想的な飯豊の風景を楽しみながら降りる事が出来た。

パティーのみんなは指示かなくとも自らしっかり防寒対策を施して行動され遭難事故の教訓を見に付けているので流石と思った。
登りの途中であったら山頂は断念し、再度天気は回復したので天候は急変したが幸いにも頂上を踏み一時的な天候の急変で済んだが・・・

こんな事もあるという体験をこれからの登山にも生かして行きたい。
 

レンタル掲示板
/11